記事一覧

イタリアのスラムジャムが原宿でポップアップ コラボアイテムを日別にドロップ

ファイル 8-1.jpgファイル 8-2.jpgファイル 8-3.jpg

ルカ・ベニーニ(Luca Benini)が1989年にイタリアで創業したディストリビューターでセレクトショップのスラムジャム(SLAM JAM)が、ポップアップストアを東京・原宿にあるギャラリー コモン(Gallery COMMON)にオープンする。会期は3月20日から24日までの5日間で、2018年2月のアメリカ・ニューヨーク、同年6月のフランス・パリに続く第3弾だ。

 スラムジャムは、ミラノやフィレンツェといったイタリアのファッションシーンの中心地から離れた古都フェラーラを拠点としながらも、ファッションだけでなくアートや音楽を含めた同国のストリートカルチャーを長きにわたってけん引してきた。功績の1つとして、同国では馴染みのなかった「ステューシー(STUSSY)」や「マーティン ローズ(MARTINE ROSE)」といったブランドを初のインポーターとして根付かせてきたことがある。

 今回のポップアップでは、「マーティン ローズ」をはじめ「アディダス(ADIDAS)」や「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM)」といったさまざまなブランドとコラボレーションしたアイテムや、「ナイキ」とヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の「THE TEN」のスニーカーなどを日替わりで販売。初日には先日発表され大きな話題となった、内側のスウッシュの天地がひっくり返ったデザインの「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカー“ブレーザー クラス 1977(BLAZER CLASS 1977)”(1万9800円)が発売される。

YOONが語るナイキとの協業から「アンブッシュ」が進む方向性についてまで

ファイル 5-1.jpgファイル 5-2.jpgファイル 5-3.jpgファイル 5-4.jpg

ここ1年のYOON「アンブッシュ(AMBUSH)」デザイナーの活躍が目覚ましい。昨年の「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(以下、LVMHプライズ)」のファイナリスト選出から始まり、今年3月にはアマゾンファッションが主催する特別プログラム「アット トウキョウ(AT TOKYO)」の参加ブランドとして初のランウエイショーを東京で披露。その直後に「ディオール(DIOR)」メンズのジュエリー・デザイナーに就任すると、先月にはナイキ(NIKE)との協業を発表した。現在のファッションシーンで目が離せない存在となったYOONに、ナイキとの協業から「アンブッシュ」が進む方向性についてまでを聞いた。

今回のナイキとのコラボレーションのきっかけは?

以前からナイキで働く友人はたくさん周りにいたが、実際にビジネスの話になったのは「LVMHプライズ」のファイナリストに選出されてから。去年の夏にポートランドに行って、コラボレーションが動き始めた。当初はもう少し早く販売する予定だったが、ホリデーシーズンに合わせることになり、企画から発売まで1年以上掛かった。

今回のコレクションのコンセプトは?

とにかく普通のスポーツウエアを作りたくなかった。“ナイキとのコラボだからこういうアイテム”というのではなく、自分が一人の顧客としてナイキの店舗を訪れた時、どういったものを手に取るか。そして、朝から夜までいそがしく働いてる現代の人たちはどういったものを必要としているかを考えた。その結果、“スポーツウエアに見えないが、スポーツウエアのパフォーマンスをキープしたアイテム”という考えに行き着いた。その代表作がリバーシブル仕様のジャケットとコートで、スポーツウエアのアイデンティティーを維持しながらファッションのエレメントを持っている。

「アンブッシュ」と言えばジュエリーだが、その要素をどのように取り入れた?

ゴールドとシルバーの色合いはジュエリーを意識しているもの。

ベースのスニーカーに“エア マックス 180(AIR MAX 180)”を選んだ理由は?

“エア マックス 180”は、子どもの時に初めて自分でお金を払って買ったスニーカーだから。当時のスニーカーシーンの中で際立って未来的なシルエットで、今でも広告を覚えているくらい衝撃だった。今回の話が来た時に、“エア マックス 180”はどうしてもベースにしたかった。そして、個人的に好きな“エア ズーム フライト グローブ(AIR ZOOM FLIGHT GLOVE)”(元NBA選手ゲイリー・ペイトンのシグネチャーモデル)のファスナーを開けると別のスニーカーが現れる仕様を加えた。履いた時にとにかく楽で、足がラッピングされるような感覚になるようなデザインにしている。“エア マックス 180”をここまでアレンジしたのはナイキ史上初めてだと思う。このスニーカーをはじめ、今回のコレクションは「アンブッシュ」らしい革新的なアイデアが詰まっている。

「アンブッシュ」らしさとは?

自分の中では漠然と“モダンであること”だが、一つのブランドではなく”アイデアコレクティブ”と考えほしい。もちろんメーンはジュエリーとウエアで、今年はこの2つを中心にいろいろとやってきたが、来年は全く関係のないオファーが来るかもしれない。ブランドの考え方に合えば何だってチャレンジしたい。

昨今のシーンでコラボは重要で、話を聞く限りかなり積極的に思えるが。

自分たちからオファーすることはないし、オファーが来てもブランドの考え方とアイデアに合わず、ストーリーがないと思ったら断る。これをルールにしている。アマゾンとの協業を決めたのは、私がシアトル出身で、アマゾンもシアトルに本社を構えていることと、コレクションがシアトルに着想していたから。今回のコラボも、初めて買ったスニーカーがナイキだったというストーリーがあった。

ジュエリーからスタートした「アンブッシュ」でウエアをスタートさせた理由は?

ジュエリーのルックを撮るときに、「アンブッシュ」のウエアがないために他のブランドのウエアを使うしか方法がなく、それに違和感を感じたことがきっかけ。ウエアを作り始めてからは、全体的な世界観も作ることができるようになり、よりデザインが楽しくなった。

「LVMHプライズ」のファイナリストに選出されてから環境は変わった?

変わったことも、変わらないこともある。ただ、ブランドとしてウエアをスタートして2シーズン目にノミネートされたことが本当にうれしかった。声が掛かったからとりあえずトライしたが、ファイナリストに選ばれるとは自分たちでも思っていなかった(笑)。

10年先、20年先の未来は?

考えがコロコロ変わっているので読めないが、今やっていることをレベルアップしていきたい。もっと新しいことを始め、勉強し続けたいと思っている。文化だったり、世界で何が起こっているかだったり、デザインは何でも知ることでいいアイデアが生まれる。常に勉強していかないとデザインは尽きてしまうから。

リシュモングループから誕生の時計「ボーム」が伊勢丹新宿で日本初の期間限定ストア

ファイル 2-1.jpg

コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)が2018年にローンチした時計ブランド「ボーム(BAUME)」が2月6~12日に、伊勢丹新宿本店で日本初の期間限定ストアをオープンする。これまでは公式オンラインストアだけで販売してきたが、「英語表記にもかかわらず、日本人の購入が多かった」と広報担当者。そこで日本語ウェブサイトもスタートし、さらに「日本のお客さまからのリクエストが多かったため、当初の予定を早めて日本での展開を決定した」という。期間限定ストアでは、公式オンラインストアで人気のモデルを本数限定で用意し、カスタムオーダーも受け付ける。価格は6万2000円(税込)から。

地球と共存する「ボーム」のブランド哲学

 「ボーム」の時計は “アイコニックモデル” “カスタマイズモデル”“限定モデル”の3ラインで構成される。“アイコニックモデル”は、100%リサイクルのアルミニウム製ケースを採用。時計のストラップは全モデルにおいてコルクやコットン、人工皮革のアルカンターラなどアップサイクルな素材を使用しており、動物性の革製品や希少な貴金属は使用しない。時計の包装にもリサイクル素材が使われ、ペン立てや小物入れとして再利用できるデザインだ。

実機を手に取りながらカスタマイズできる国内初の機会

「ボーム」の時計


「ボーム」のイメージビジュアル


「ボーム」のイメージビジュアル


「ボーム」の時計


「ボーム」の時計


「ボーム」の時計


「ボーム」のイメージビジュアル

1 / 5
 “カスタマイズモデル”はその名の通り、一人一人がデザインを選択できる時計で、今回の期間限定ストアでは日本で初めて実機を見ながらのカスタマイズ体験を楽しめる。35mmと41mmのケース、3種類のフェイス、針やベルトのカラーなど2000通り以上の組み合わせが可能で、2~3週間後には自分がデザインした時計が届く仕組みだ。ケースバックには名前やメッセージも刻印できる。

 “限定モデル”にはプロスケーター、エリック・エリントン(Erik Ellington)のブランド「HRS(Human Recreational Service)」とのコラボレーションモデルなどがある。18年10月に発売され、時計のケースには彼らが実際に使ったスケートボードを用いた。

老舗ウオッチメゾンから生まれたオリジナル

7万円


「HRS(Human Recreational Service)」とコラボした“限定モデル”(14万5000円、税込)


11万7000円


7万円


6万2000円


7万円


「HRS(Human Recreational Service)」とコラボした“限定モデル”(14万5000円、税込)

 リシュモンは傘下に「ボーム&メルシエ(BAUME & MERCIER)」「ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)」「A.ランゲ&ゾーネ(A. LANGE & SOHNE)」などの老舗ブランドを持つが、「ボーム」は2018年に自社でゼロからスタートさせた初めての時計ブランドだ。1830年創業の「ボーム&メルシエ」の伝統と技術を背景に、地球環境に配慮したサステイナブルな素材を積極的に用いて、ラグジュアリーなムードを保ちつつもエコフレンドリー、6万~7万円台が中心の手ごろな価格設定で新客をつかんでいる。

 事業開発責任者であるジャンブノワ・ルボー(Jean-Benoit Roubaud)は、「日本市場は、われわれのビジョンや価値観を理解してくれており、昨年のブランド発足以来、売り上げを着実に伸ばしている。東京での本格ローンチは、今後も世界展開を続ける『ボーム』の大事な一歩となるだろう」と述べた。ブランドを率いるマリー・シャソー(Marie Chassot)も「今、カスタマーが重要視することは『自分らしさをどれだけ表現できるか』という点。『ボーム』でその機会を提供したい」と話す。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
リンク集:スーパーコピー時計ロレックススーパーコピーウブロスーパーコピー